2017年4月7日金曜日

横浜磯子・三浦半島剱崎の散策

2017/04/02 日曜日

午後1時20分過ぎ。根岸線磯子まで来ました。▼

大岡川分水路に沿って歩きます。まだ桜は開花していません。▼

ときおり、こんなはみ出し者もいます。▼

大岡川分水路の先端まで来ました。

対岸の奥には本牧埠頭のキリンが見えます。▼

ジャパンマリンユナイテッド磯子工場にはフィリピン沿岸警備隊の新造船が接岸しています。この巡視船は日本政府の供与によるものの1隻のようです。▼

自衛隊の艦船も見えます。▼

こちらは志布志航路の新造船「さんふらわあ さつま」「さんふらわあ きりしま」のファンネルのようです。2隻まとめてこんな所で造られていました。▼

大体満足したので港散策は終わりにして、横浜シーサイドライン新杉田駅まで来ました。▼

実はこんなところにもモノレールがありました。かつて横浜市民も15年ほどやっていましたが、これに乗るのは初めてです。▼

八景島を過ぎるともうすぐ終点の金沢八景です。▼

金沢八景からは京急です。▼

京急逗子線を通してJR横須賀線の車両をこの先にある工場に送る三線式軌道。標準軌の京急と狭軌のJRに対応しています。この辺りも散策してみたいポイントです。▼

ともあれ三浦海岸に到着。▼

時刻は16:05。ここから剱崎(つるぎざき)に行きます。20分のバス旅です。バス停の表記の通り「剱崎」が正しいようですが、「剣崎」という一般的な文字で表記されている場合もあります。▼

剱崎はオーシャン東九フェリーの旧船における位置表示板での最初の通過ポイント。いつも「いよいよ太平洋にでます。」とテンションが上がるところなので、昔からどんな所か気になっていました。(写真は「おーしゃんさうす」の位置表示板)▼

車窓からは久里浜の横須賀火力発電所が見えます。

もうすぐ剱崎バス停に到着と思って窓の外を見ると、いきなり東海汽船「さるびあ丸」が見え急いでシャッターを切りました。

バスを降りて少し歩いたところ。畑の向こうに剱崎灯台が見えますが、少し遠回りして見ます。

剱崎灯台の反対側の高台から。眼下には間口漁港が見えます。

ここだけ見ていれば日本の何処だかわからないくらい典型的な漁港の風景。

港の隣はこんな岩場です。すぐ上に剱崎灯台が見えます。

岩場の先端まで来ました。こちらには間口港燈台と書いてありました。

遠ざかる「さるびあ丸」が見えます。蜃気楼で船体下部が伸びています。

さらに遠ざかるとこんな具合に。今日の東京湾も不思議な光景でいっぱいです。

剱崎灯台まで登って来ました。

対岸には房総半島側の東京湾口最先端の洲崎灯台が見えます。あそこにも行ってみたいです。

などと洲崎灯台を狙っていたら。ちょうどカメラのフレームに東海汽船「橘丸」が入ってきました。▼

「橘丸」を無事押さえたので、誰もいない灯台で崎陽軒の横浜ピラフを頂きます。


当然こんなスプーンが入っていました」と言うことなのです。
ここで写真を撮る前に少し食べちゃったんでしょう」などと言うのは野暮というものです。


そうこうしている間に橘丸は鋸山の前まで来ました。その麓は金谷港です。

奥には17:20に金谷港を出港した東京湾フェリー(船名不明)が見えます。

ちょうど3週間前の同時刻に東京湾フェリー「しらはま丸」から見た橘丸と剱崎。今回より暮れていますが、逆方向から見るとこのように見えます。

もうすぐ日没です。監視カメラのついた背後の塔ではレーダーアンテナがクルクル。東京湾の入り口を今日も見張り続けています。

写真では良くわかりませんが、うっすらと大島が見えて来ました。

時刻は午後6時。灯台にも灯が点りました。さあ帰りましょう。

間口港燈台も当然のこと点灯しました。

誰もいないバス停でただ一人待ちます。でも安心して下さい。バスは1時間に2本もあります。襟裳岬のように1日3本ではありません。

ガラガラの京急線で帰ります。午後からの散策でしたが三浦半島を満喫しました。

横浜磯子・三浦半島剱崎の散策はこれで終わりです。

2017年3月29日水曜日

酒田市定期航路事業所「とびしま」乗船記・飛島散策

2017/3/20 月曜日

若葉旅館の朝食。青豆とハムの入った玉子焼きがおいしいです。▼

目指すは酒田港。若葉旅館を出発です。▼

旅館から徒歩5分程度でもう港です。▼

すぐに船の乗り場に到着しました。酒田駅からのアクセスばかり考えていて、昔からハードルが高いと思っていた飛島航路は実はこんなに簡単でした。港の近くに泊まればよいのでした。ホントいい旅館を見付けました。▼

返却式のコインロッカーに荷物を預けます。必要なものはすべてコートのポケットに収まったので、手ぶら状態で船に乗ります。▼

今年のお正月は瀬戸内海の「とびしま海道」で島巡りをして来ましたが、今日は「とびしま」で日本海にある離島「飛島」に行きます。気持ちは瀬戸内海から日本海にすっかり切り替わりました。▼

綺麗な船内です。

後方には座敷席もあります。

本船を建造した「瀬戸内クラフト」の場所をスマホの地図で調べたら尾道の向島にありました。その対岸はナント昨年11月に引退したオーシャン東九フェリー「おーしゃんのーす」の生まれ故郷の尾道造船ということが判明。これらの現場検証をしなければなりませんので、気持ちは再び瀬戸内海へ戻ってしまいました(笑)。

定刻の9:30に出港。冬季はデッキには上がれないので、出入り口の窓から外を眺めます。

後部デッキには郵便局のバイクががっちり固定されています。北海道の天売島は軽4輪。九州の馬渡島は人手による輸送。離島ごとに郵便物の輸送方法も異なることが判りました。

防波堤を過ぎていよいよ外洋にでます。テンションが上がる瞬間です。

鳥海山には雲が掛っています。船底にドッカンと波が当たり海は少し荒れ模様。船は前後・左右に揺れます。波の高さは昨年10月に粟島に行った時ほどではないのですが、船が217tと小さいため気持ち悪さは粟島のときの2倍くらい。防波堤を過ぎるまであったテンションは一気に下がってしまいました。▼

1時間15分の航海を経て飛島に到着です。「あ~早く陸に上がりたい」と港を恨めしく思う有様です。写真なんか撮っている場合ではありません。過去最悪の船酔いです。

でも上陸してしまえばこっちのもの。双胴のこの船改めて見るとなかなか立派です。またテンションが上がってきました。

とびしまマリンプラザ。立派な待合室があります。5月~10月のシーズン中は軽食ができる喫茶室が開設しているそうです。

最上階の展望室からの眺め。無料の望遠鏡もあります。

出港時間の13:30まで2時間半程度あります。この島は長辺が2kmくらいで、短辺は1kmもないのでかなりの範囲を散策できそうです。

シーズンオフなので旅館も食堂もやっていません。この通りは診療所、学校、郵便局と島の公共機関が並ぶメインストリートです。

島の東側から登ります。

島の最高地点の飛島灯台まで来ました。このしまの標高は68mとそれほど高くないので粟島(最高標高265.5m)に比べたら登り下りはきつくありません。ただ、灯台の周りは潅木に囲まれているので、展望台としての機能はありませんでした。

島内にはダムもあります。誰もおらずとても静かです。

島内はだいたいこんな感じです。土や枯葉などが表面を覆っていますが実はここは舗装されていて、このような道も多いのでとても歩きやすいです。散策している人は自分以外に3名ほど見かけました。途中その一人の年配のおじさんに「やっと人に会えた」と話掛けられました。▼

島の港とは反対側の海。海岸線の沿って島の周囲を歩こうかと思っていたら、そのような時間の余裕は無いことに気が付きました。

出港5分前に港に到着。船の運航は今のシーズンは1往復のみ。もう少しで島に取り残されそうになりました。途中で近道を教えて下さった島のおばさんに感謝です。


粟島のときも最終便の出港5分前。前日は「きちんと船に乗れるかなど」と心配している割に、島ではのんびりしすぎて「帰れなかったらそのときはそのとき」などと悠長に構えたりしています。心配性の割りに怖いもの知らずの性格。授業中とにかく「俺の故郷酒田!庄内平野!」を連呼する小学5年生のときの担任からも、そのことをよく言われていましたが、三つ子の魂ナントカとも言うのであと50年経ってもこれは直りませんね(笑)。


後部デッキには車が載っています。一応フェリーの役目も果たしているようです。

帰りは左右の揺れのみで波は随分と穏やかになっていました。これなら余裕です。

港にある「海鮮どんやとびしま」で海鮮丼を頂きます。お味噌汁には2つほど小さな帆立貝が入っていました。

酒田駅に戻ってきました。40年ほど前「抜けているようで、意外な所で実力以上の力を発揮する。」などと通信簿にコメントを書いて下さった先生の故郷ともお別れです。酒田がどんな所なのかも、自分がどういう人間なのかもよ~くわかりました(笑)。

ここからは快速きらきらうえつ。指定券510円だけを払えば普通運賃で特急形車両に乗って新潟まで行けます。停車駅は特急いなほと大して変わりません。2号車は丸ごと展望車です。

「暑き日を海に入れたり最上川」

笹川流れ付近。今日は雲が多く粟島は見えません。

もう直ぐ村上。交流から直流への電源切り替えのデッドセクションで非常灯を残して室内灯が消灯。▼

直流区間に変わり、再び室内灯が点灯しました。▼

新潟駅に到着。今回乗車券は関東甲信越・南東北が2日間乗り放題の週末パス8730円(特急券・指定券は別)を利用しました。あとはこれを利用して新幹線で帰ります。

これで、2日間の旅は終わりです。