2018年2月17日土曜日

久里浜⇔金谷:怒涛の東京湾フェリー・金谷周辺散策

2018/2/12 月曜日

京急久里浜まで来ました。▼

京急バスで東京湾フェリーターミナルまで。今年初めての東京湾フェリー乗船です。▼

「しらはま丸」の乗船は9回目。13:20発金谷行きで久里浜港を出航です。▼

僚船の「かなや丸」との反航。こちらは2回しか乗ったことがありません。

天気はいいのですが今日は波が高く結構揺れます。こんな東京湾は初めてです。▼

ポテトチーズを頂きます。これは初めてです。▼

東海汽船「セブンアイランド愛」。それにしても速い。▼

ステンドグラス部分。▼

これまではあまりよく見ていませんでした。▼

14:00金谷港着。背後に見えるは鋸山。▼

しらはま丸は東京湾フェリー60周年を記念して「チーバ君」のラッピングが施されています。

これが「フェリーに乗ったひと」だそうです。いつもこんな顔をして乗っているのでしょうか?

防波堤で打ち砕ける波。

波が高いですが対岸の久里浜が良く見えます。

さあ、鋸山に向かいましょう。

5年振りに鋸山に登ろうとしましたが、強風のためロープウエイは運休。

仕方が無いので金谷の街を歩いてみます。フェリーは何度も乗っている割に街の散策は初めてです。

肉屋さんが見えます。覗いてみましょう。

ホクホクのコロッケを頂きます。

浜金谷駅まで来ましたが、次のフェリーも列車もまだ1時間ほどあります。鋸山に昇った後は房総半島の海岸めぐりでもしようと思っていましたが、今日は風が強く寒いのでフェリーで三浦半島に折り返すことにします。▼

かつて駅前にあったあじフライの幟の食堂はオシャレなカフェになっていました。

食事もできるので時間つぶしにここで休憩です。春菊天そばを頂きます。

ちなみにこちらがかつて「あじフライの幟の食堂」だった頃。遅くまで営業していたのでいつも気になっていましたが、結局入らずじまいです。

遠くからしか見たことなかった「椰子の木」は実は「民家の庭」に生えていました。

金谷港に戻ってきました。思ったより楽しい周辺散策でした。「10回目のしらはま丸」。どうも「かなや丸」とは縁がありません。▼

16:30発久里浜行きで金谷港を出航です。

ちょうど目の前を行く東海汽船「さるびあ丸」。こんな日の外洋はさぞかし揺れたに違いありません。

帰りの船は大入り満員。

それにしても、この強風でゴルフやっている人もいるのですね。

結局、鋸山の頂上で食べようと思っていた「崎陽軒のしょうが焼弁当」の出番はありませんでした。こちらは家に帰って頂くことにしましょう。

夕陽に照らされる船が綺麗ですが、相変わらず揺れまくります。

「さるびあ丸」の向こうには、「スカイツリー」が見えます。▼

怒涛のサンセットクルージングでした。▼

京急バスで久里浜港を後にします。

怒涛の東京湾フェリー・金谷周辺散策はこれで終わりです。


2018年2月9日金曜日

横浜港遊覧:ポートサービス「マリーンルージュ」乗船記

2018/1/28 日曜日

すっかり日も暮れてしましましたが、先週に引き続き横浜の夜景を見に桜木町まできました。▼

万国橋から見るみなとみらい。▼

とりあえず、赤レンガ倉庫前に来ました。▼

対岸は大桟橋埠頭です。▼

18:10東京港に向け出航した貨物船豪華客船”「さるびあ丸」を見送ります。実は「まぁ。運賃は¥1,410だし...」と、衝動的に乗りたくもなっていましたが2週連続となるので、今回の乗船は控えました。▼

でも、『やっぱり「さるびあ丸」乗れば良かったなぁ』と少しテンションが下がったところで、18:35発山下公園行きシーバス到着のアナウンス。将に渡りに船です。▼

この待合室を使うのは初めてです。まだ10分ほどあるので暖房の効いたここで待ちます。▼

「シーバス5」に乗船です。乗客は自分の他に2人だけ。ほぼ貸切です。▼

海上から見た「ロイヤルウイング」と「にっぽん丸」。ビューティフォーな眺めです。▼

10分間の航海。これだけでも十分満足です。▼

続いてここから、「シーバス」と同じ会社が運行しているポートサービス「マリーンルージュ」にお一人様乗船します。この時間、乗客は自分以外は団体客かカップル。運賃はさるびあ丸の2倍の¥2,800です。▼

19:00ブルーライトに光るマリンタワーを背に出航です。独り占めのデッキ「あなたと二人」では無いですが、とても幸せです。▼

みなとみらい。街の灯りがとても綺麗ですが、全部消えてしまったらそれは停電です。▼

一応レストラン船なので、すこしお食事しましょう。切符売り場では、フランス料理のフルコースも予約なしでOKでしたが、お子様向けでも¥5,800。それほど持ち合わせもないので、軽食を楽しむことにします(あったとしても軽食です。)。▼

チキンとバジルのバケットサンドウィッチを頂きます。当然、こんな時間にお一人様は自分一人。それでも、キャンドルが灯るムードあるテーブルでベテランウエイターさんが簡単なガイドをしてくださいました。▼

本来だったら”貨物船豪華客船”「さるびあ丸」の船上のはずでしたが、「レストランさるびあ」にも引けをとらない優雅なときを過ごします(これで¥1,000です。)。▼

川崎港扇島と横浜港大黒ふ頭を結ぶ鶴見つばさ橋を潜ります。この橋を潜るのは初めてです。▼

京浜運河を経て大黒大橋へ。▼

最後は横浜ベイブリッジ。▼

2時間の夢の時間は終わりです。▼

大桟橋埠頭まで来ました。海上から見た船の現場検証をしましょう。

「にっぽん丸」です。▼

内閣府「東南アジア青年の船」としてのチャーター便です。

やはり横浜はどうやったって絵になります。▼

こちらは「ロイヤルウイング」。今度はこれに乗りましょう。もうレストラン船お一人様乗船は怖くありません。

午後10時大桟橋を追い出されたので、家に帰ります。

いままでで一番お洒落な横浜港の船旅でした。