2017年12月11日月曜日

笠岡→北木島:三洋汽船「ニューかさおか」乗船記・北木島散策

2017/11/25 土曜日

三洋旅館の朝食。蕩けるような口当たりでとても美味しいです。▼

笠岡駅まで来ました。▼

郵便ポストもクリスマスの装い。▼

地下道を通って駅の反対側の笠岡住吉港に行きます。▼

9:10発三洋汽船「ニューかさおか」で北木島に向け出港です。▼

笠岡フェリー「だいふくまる2」。港内には貸切用途に使う他社の船も係留されています。▼

オレンジ色のニクイやつ。三洋汽船「新なぎさ」です。▼

瀬戸内クルージング「ゴールドフェニックス」と「新門司八号」。同社HPによると「新門司八号」の進水は昭和43年6月。もう50年選手です。▼

北木島から白石島を経由して笠岡伏越港に戻る瀬戸内クルージング「第二十一金風呂丸」との反航。笠岡にはもう一つ港があります。▼

白石島に向かう三洋汽船「さんよう」を抜きます。▼

この船は北木島の東側の大浦港に行きます。▼

北木島の北側の豊浦港・金風呂港からの笠岡フェリー「第拾八大福丸」との反航。ここまで、こんなに色々な船と出くわすとは思っていませんでした。▼

白石島では結構な観光客が降ります。この後に予定に余裕があったのでこの島も降りて散策しても良かったかも知れません。▼

9:46北木島大浦港に到着。▼

このまま「ニューかさおか」は真鍋島に行きます。

誰もいない待合室にはセルフサービスのコーヒーがあります。100円と書いてありますが何処にお金を払うのか分かりません。▼

下船してみたものの何にもありません。▼

しばらく行くと小学校がありました。▼

小学校は既に廃校となっていて、現在は診療所を併設した公民館となっていました。土曜日ですが職員の方がいたのでトイレを貸して頂きました。▼

諏訪神社。綺麗な上に立派な造りです。▼

集落の路地を進みます。▼

島の中心の郵便局。営業しているのはこの商店だけでした。▼

この先何があるか分からないので菓子パンを買っておきます。▼

もう1時間ほど散策しましたが、本当に誰もいません。▼

これは予め買っておいたコンビにおにぎり。ここで昼食です。▼

港から海岸線を北に2kmくらい歩いて島の北東部まで。さらに2kmほど歩けば豊浦港まで行けます。島の大きさが感覚的に大体分かったので今日は大浦港に戻ります。▼

採石の跡があります。この島は北木石の産地です。▼

この辺り一体は採石工場ばかり。▼

「インド」って何でしょう?▼

大浦港の乗り場まで戻ってきました。時間が止まったかのような2時間の散策も終わりました。▼

定刻の12:10を過ぎましたが、船以前に切符売り場に人がいません。▼

船と共に切符売り場のおじさんもやって来て切符を購入。やっと時間が動き出しました。▼

笠岡からの三洋汽船「ぷりんす」で真鍋島へ渡ります。

2017年12月9日土曜日

徳島→笠岡:「フェリーしまんと」で四国上陸・瀬戸大橋路線バスの旅

2017/11/24 金曜日

風は依然強いですが、波は穏やかになりました。▼

朝日が登ります。海との絶妙なコントラストです。▼

朝日を眺めながら一息つきます。お茶だけは無尽蔵にあります。▼

今日の朝食は予め買ってあったいなりずしと自販機食品。▼

こういうのを見ていると幸せな気分になります。スープ用のカップもあったようですが、普通の紙コップに溶いてしまいました。▼

今日はとても天気がいいです。▼

大海原での自由な時間。何もしないをします。▼

お昼は冷凍から戻したかき揚げそば。とても美味しいです。▼

伊島をバックに僚船の「どうご」と反航です。▼

綺麗に並んだ檻の中の懲りない面々。ほとんど徒歩乗船マニアしか乗っていないようです。▼

13:30徳島港に到着。対岸の津田から沖洲にターミナルが変わりました。▼

バスで徳島駅に到着。▼

駅構内には北海道から九州まで走っている唯一の国鉄型車両キハ40が留置されています。(あっ!JR東海ではすでに消滅していました。)▼

無くならないうちにキハ40で高徳線をコンプリートしたいですが、今日は特急に乗ってしまいます。▼

四国三郎吉野川を渡ります。▼

高松駅に到着。ここまで来れば行くところはあそこしかありません。▼

高松港に来ました。今日は瀬戸内海を横断して岡山方面に渡ります。▼

小豆島・土庄港からの「第七しょうどしま丸」が入港です。▼

続いて男木島・女木島からの「めおん2」。▼

「オリーブマリン」が波しぶきを上げながら入港。こちらも小豆島・土庄港から。▼

「さて、第七しょうどしま丸に乗船です。」と思っていら何故か121系電車の中。▼

気がついたら坂出駅前です。どこかで間違ったようです。▼

16:40発琴平バス・瀬戸大橋線が到着です。

乗客は自分1人の完全貸切。瀬戸中央自動車道の瀬戸大橋まで接続する部分はそのために埋め立てられたとか、バスが旧式なのでよくバスマニアの人が来るとか、坂出駅で乗車してから話好きな運転手さんのガイドは止まりません。▼

路線バスなので60km/s制限で高速を走ります。風が20m/sを超えると鉄道は止まるためこのバスがあるそうです。なお、橋が閉鎖されてもまだ船は欠航しないそうで、これにはチョット驚きでした。▼

16:56予島に上陸です。最後は帽子を脱いでの挨拶にこの先のバスの接続の説明まで、とにかく礼儀正しく親切な運転手さんでした。予島PA内からは牛島が見えます。その後ろに見えるのは広島でしょうか。▼

牛島の右には本島が見えます。だんだんこの付近の島の名前も覚えてきました。今いる予島を含めて周りの島は塩飽七島の島々です。瀬戸大橋ができる前はこの島も船でしか行けない離島だったのですね。▼

今回は時間の都合予島PA内の散策でしたが、先ほどのバスは島の集落の浦城まで行きます。今度はその辺りもゆっくり散策したいです。▼

ここからは予島17:29発の下電バスで本州に渡ります。途中岩黒島バス停を過ぎた後、高速から一旦櫃石島に下ります。▼

櫃石島の島内を巡ります。予島・岩黒島・櫃石島のどの島も専用のゲートがあり、島民と路線バス、緊急車両以外は高速からは降りられないので、一般の旅行者は路線バスでしか行くことができません。今回は通り過ぎるだけでしたが3島の散策も今後の課題です。▼

再び瀬戸大橋に上がりました。もう直ぐ終点の児島です。▼

18:00児島に到着。路線バスでしか行けない3つの島を飛び越えて瀬戸内海を横断しました。▼

後は電車で岡山まで。▼

岡山駅構内で讃岐うどんをいただきます。うどん県でうどんを食べたことはありません。▼

山陽本線で笠岡に到着。秋の行楽シーズンは宿が取れないのですが、倉敷と福山の間の小規模都市のこの街は大丈夫。実は笠岡は船好きにとって非常に都合のいい所なのです。▼

今日泊まる「三洋旅館」です。▼

部屋は暖かくされていました。「こういうのだーい好き」です。▼

檜風呂です。なかなか風情があります。▼

枕元には行灯。なにもかも想定どおり。▼

明日は5つの島を飛び越えて瀬戸内海を横断します。