2017年8月13日日曜日

横浜港・ピカチュウ大量発生チュウ!2017(夏の赤レンガ倉庫)

2017/8/12 土曜日

午後2時過ぎ横浜まで来ました。▼

東口から船に乗ります。▼

シーバス3に乗って赤レンガ倉庫まで行きます。▼

赤レンガ倉庫桟橋に到着です。対岸の大さん橋には「ダイヤモンドプリンセス」が接岸しています。とにかくデカ過ぎ君。▼

ピカチュウ大量発生チュウ!2017が開催中。昨日はランドマークタワー付近を見たので今日はこちらに来ました。▼

飛行船もピカチュウ大量発生チュウ!▼

午後4時。ずぶぬれスプラッシュショー「水のカーニバル」が始まりました。▼

この暑さで踊るダンサーの方はもちろんピカチュウさんの中の人は大変です。あっ!間違えました。中の人なんて当然いないので大変なのはピカチュウさん本人ですね。▼

音楽に合わせて手拍子したりするのも久しぶりです。ライブの盛り上がり。ストレス発散にはとても良いです。▼

放水でずぶぬれになってしまいましたが少し涼しくなりました。▼

ポケモンGOで賑わう広場。意外にも男女ともこんな年齢層(50代以上)の方が結構いるのです。▼

通信容量確保のための中継車が出ています。▼

アンテナの向きはNTTグループが所有する横浜メディアタワーと一直線。▼

なんかとても絵になるのです。▼

ここいらでお腹が空きました。崎陽軒のしょうが焼き弁当を頂きます。▼

午後5時。お弁当を食べ終えるといきなり汽笛がなりました。▼

ダイヤモンドプリンセスの出港です。やはりデカ過ぎ君。こんな船に乗って北欧だとかの涼しい所に行ってみたいです。▼

ダイヤモンドプリンセスが去った後の大さん橋を今度はかわいいピカチュウラッピングの水陸両用バスが通過します。今日はいろいろとバライティに富んだ往来があります。▼

イベントと船をいろいろと見ているうちに日が傾いてきました。桜木町方面に向かって歩きましょう。▼

飛行船もお休みです。お疲れ様でした。▼

日没後のコスモクロック21。ここでもピカチュウ大量発生チュウでした。▼

観覧車の中をどんどこ歩くピカチュウさん。▼

昨日ピカチュウさんと出合った日本丸を後にします。▼

ピカチュウさん達はもうお休みの時間。桜木町は新橋と並ぶ鉄道発祥の駅です。明日は鉄旅で別の港に行きます。▼

横浜港・ピカチュウ大量発生チュウ!2017(夏の赤レンガ倉庫)終わり。

2017年8月12日土曜日

横浜港・ピカチュウ大量発生チュウ!2017(横浜港を出港!)

2017/8/11 金曜日

午後3時半みなとみらいまで来ました。毎年この時季の横浜港はピカチュウさんが大量発生します。▼

日本丸の甲板からピカチュウさんがお出迎えです。

ピカチュウさんの入場。観客は大人ばっかり(笑)。ポケモン世代でないはずの40~50代も結構いるので、自分もあまり違和感もなくこの空間にいることができます。(ポケモンGOは若年層よりむしろ中高年層に人気があるみたいですね。)

ストンプショーの始まりです。白髪交じりのおじさん・おばさん達も大興奮!

こんどは桟橋に大量発生中。みんなで船旅に出るようです。

横浜港を出港!自分もどこか船旅に行きたくなってきました。

実はポケモンはゲームもアニメもほとんど知りませんが何故か楽しめます。ところで、この船は普段何を運んでいるのでしょう?(あっ!もちろん普段からピカチュウさん専用です。)

下船するピカチュウさん達。一度にこんなにたくさん見たのは初めてです。隣にいたおばさん(あっ!私から見たら「おねえさん」でした。)のテンションは最高潮。身を乗り出して「かわいぃ~」を連呼。フレームアウトするのに一苦労でした。

「またよろしくお願いします」とお互いを労う水上パトロール隊と船上スタッフ。とにかく安全第一です。

イベントは午後5時で終了。桜木町から「また来てね」とバイバイするピカチュウさんに見送られて帰ります。わずか1時間半でしたが楽しめました。▼

横浜港・ピカチュウ大量発生チュウ!2017(横浜港を出港!)終わり。

2017年8月10日木曜日

夏の東海道・真鶴岬への旅

2017/8/5 日曜日

12:15真鶴まで来ました。本来の列車到着時刻は12:04。約10分の遅れでした。▼

ホームは炎天下。暑いぞー▼

12:10のバスは既に行ってしまったのです。10分の遅れが1時間の遅れになってしまいました。▼

仕方が無いので今回は早くもコイツの出番です。▼

小田原駅で買った鳥めしを頂きます。▼

気がつけばバスが到着。満腹感の余韻に浸っている間に1時間なんてすぐに経ってしまいます。▼

相模湾を望みながら真鶴半島の先端の真鶴岬を目指します。▼

20分足らずで終点のケープ真鶴に到着。▼

海を望むと先週上陸した初島が見えます。▼

初島の隣には伊豆大島が見えます。大島と言うだけあって遠くにある割りに大きいです。▼

真鶴半島はとても小さいですが相模湾と相模灘を分かつ半島です。▼

外は暑いですが岬の先端まで行って見ましょう。▼

ごつごつしていて少し歩きづらいですが、なかなかの景色です。▼

三ツ石です。あの間から初日が昇ると、たまたますれ違った地元の親切そうなおじさんから教えていただきました。▼


空気が澄んでいれば伊豆諸島はおろか房総半島まで見えるとか、しばらくおじさんのお話しをお聞きしましたが、すれ違った他の人は皆スルーしてたのに、相変わらず話しかけられるのは私です話をしていたのは木陰ですが、今日は立ち話をするには暑いので、このようなシチュエーションでよくある、「母の実家が団子屋」だとか、「ところで、あなたのご兄弟は何人いるの?」とか、いった話までは行かないで終了となりました。


最先端に向かうにはこのような格好である必要があります。

半島めぐりの遊覧船です。まだ少し散策を続けたいですがそろそろ限界です。

下ったら登るのがこの世の道理です。資材輸送用のレールを尻目に登ります。

涼しい所に退散しました。▼

マンゴーが乗っかった冷たいものを頂きます。▼

真鶴駅に戻ってきました。▼

一つ東京よりの根府川で下車します。▼

この通りホームの向こうは海です。いつも通り過ぎるだけですが、前から気になっていました。▼

駅の前の道をそのまま下ろうとしましたが、このルートでは海岸には行けなさそうです。▼

とりあえずここで今日行った真鶴岬を写真に収めます。▼

先端をズームすると三ツ石が見えます。

根府川駅に戻ってきました。▼

海岸への道を含めた周辺散策のためには駅から登る方向に行くようですが、暑いのでもう歩けません。次の機会にしましょう。▼

東海道線で小田原に到着。▼

ここで小休止。海鮮丼を頂きます。▼

小田原城と箱根の山々が見えます。▼

まだ明るいので伊豆箱根鉄道大雄山線に乗ります。いつも東海道線のホームから見ていますが、乗るのは今日が初めてです。▼

わずか21分で終点の大雄山に到着。▼

駅前には金太郎がいます。今日は神奈川県から出ていませんが随分と色々な物を見ました。

ちょうど日没時刻。夕陽の方角に富士山があるようですが今日は雲で見えません。また違った季節に来てみたいです。▼

夏の東海道・真鶴岬への旅はこれで終わりです。